ISO認証・維持サポート

安田総合事務所ではISO認証はもちろんのこと、取得後の認証維持のサポートもいたします。

ISO認証とは

●ISOとは?

世界標準の規格のことです。

以前日本では「JISマーク」がついた製品がたくさん身の回りにありましたが,最近は以前ほど頻繁には見かけなくなったと思いませんか?

実は製品がJISという日本独自の規格からISOの規格に少しずつ代わってきているからなんです。

ISOとは私たちの身近な世界で展開されているんですね。


●ISO9001,ISO14001ってなんですか?

工業製品は,例えばネジ1つとっても「標準化された」というのが目で見て分かりますよね。

でも企業はどうでしょうか。たとえば新しい企業と取引を始めるとして,その企業がどういう仕組み・枠組みで仕事をしてくれるのか・・・それを把握できなければ,安心して取引が始められませんね。

そこでISOは「企業をどういう枠組みで運営していくのか、標準的な企業の枠組みをつくろう」ということで,企業のためのマネジメントシステム規格をつくりました。そしてISO9001やISO14001ができました。


ISO9001は「品質マネジメントシステム」と呼ばれ,お客様が求めているご要望や期待にどう応えていけるかの枠組みを,自社でルール作りをし・改善していく仕組みづくりです。

ですからISOという枠組みは同じでも,企業ごとにルールや方法は違うのです。

つまり,いま皆さんの会社が行っている活動を軸に審査 → ISO認証を受けることになります。

よく「ISOを入れると,会社を大がかりに変えなければならない」と勘違いしている方がいますが,そんなことではなく,「ありのままの」会社を審査するのが本来の目的です。


ISO14001は環境マネジメントシステムと呼ばれ,自社が地球環境に対してどのような影響を与えているのかを考え,悪い影響であれば軽減し,環境に良い影響は促進しましょうという考え方の仕組みづくりです。

昔は,企業活動をする=環境に悪い影響を与えている,という構図でしたが,ISO14001のおかげで,今ではそういう企業は減ってきています。

ISO14001は,時代や世間の要求に合わせて考え方を自由に変えていける枠組みを持っており,日常業務でムダ・ムリ・ムラや環境に負荷をかける活動をしないように取り組み,自社の負担を減らしつつ,地球環境にも優しい仕組みづくりができるようになっています。

つまり,「ムダな環境活動」「会社に負担となる余分な仕事」をする必要は一切なく,日常のお客様への対応を環境に配慮した活動に少しだけ変えてやるだけでも,ISO14001の認証はできるということになります。


●ISO9001・ISO14001は,第三者に審査をしてもらう

先ほど「審査」と言う言葉を使いましたが,ISO9001やISO14001は,第三者(企業と直接利害関係のない組織)による審査を受けて,認証登録することが必要です。

審査はISOが各国に認めた認定協会によって取りまとめされており,日本では日本適合性認定協会,通称JABという組織がその役割を担っています。

この認定協会は各国に存在し,審査登録機関はこの下にいくつも連なっている状態になります。

日本ではJABの下に,約50の機関が連なっています。

さらに「相互認証」といって,他国の認定協会(アメリカはANAB,イギリスはUKAS,他)の認定を受けた審査登録機関で認証を受けた企業も,JAB認定を受けた審査登録機関の認証を受けた企業と同じ扱いを受けます。

世界中の審査登録機関が日本国内で活動していますが,ANAB,UKAS等の認定を受けた機関の認証はどこでも有効です。


これからISO認証をされる皆さんは,この審査登録制度をお受けいただくことになります。


ISO取得のメリット

大きく4つのメリットがあります。

1.第三者認証により信頼性が高まる

2.プロセスが明確になる

3.業務が効率化・標準化する

4.企業体質が継続的に改善される

では順番に解説していきます。


●第三者認証により信頼性が高まる

ISOを取得している企業が取得していない企業に比べて優れているかというと,必ずしもそうとは限りません。

しかし,ISOには「第三者による審査」という大きな特徴があります。第三者(ISOの審査員)に対し,自社のルールを公開し,そのルールを遵守していることを示すことで,「認証」がもらえるという仕組みです。

自分の会社(第一者)や取引先(第二者)ではなく,第三者が客観的に審査し,『認証』を与える

ISO取得の最大のメリットは,『社会的信頼を得る』ということです。

ISOを取得する企業の多くが,ISO導入の目的として『顧客からの信頼を得るため』と回答しています。また,取引先からの要請や,取引条件としてISOを取得するケースも多く見られます。

企業内で独自の管理システムを構築できる大手企業よりも,それが難しい中小企業による取得が目立つのも,第三者の視点があるためです。


●プロセスが明確になる

ISOではまず,業務(プロセス)の洗い出しを行います。この中で,『どこで,誰が,何をしているのか』ということを明確になり,「ムダなもの」と「必要ないもの」がはっきりするため,組織にとって必要なものが見えてくると同時に,ムダなものが取り除かれます。

また,個人ではなく組織全体を管理するため,「個人の能力」ではなく「組織として必要な力量」が明確になります。漠然としていた業務手順,役割,責任,権限が明確になるため,一人ひとりが「その仕事のために,自分は何をすればいいのか」を自覚できるようになります。


●業務が効率化・標準化する

ISOでは共通のルール(システム)を決めるので,誰もが同じ手順で作業できるようになり,作業の標準化ができるようになります。

時間や作業工程のムダが省けるようになるだけでなく,新入社員,派遣社員などが入った場合や,入れ替わりの激しい職場でも,同じルールで作業できるようになります。


●企業体質が継続的に改善される

ISOの基本は『PDCA(Plan:計画,Do:実行,Check:チェック,Action:改善』です。

・計画しても実行できない体質を,計画したとおり実行できるような仕組みにする

・実行しても,きちんと出来たかどうかチェックされていない体質を,実行しチェックするという仕組みにする

これらはISOの大きな特徴ですが,さらに

・PDCの仕組みを作るだけでなく,それを継続的に行っていく。

ことで,企業体質を強くしていきます。

この仕組みが根付いてくると,ISOシステムのチェック機能がうまく活用され,トラブルを未然に発見できるようになります。

トラブルが発生しても,トラブルの原因を「システム」の問題として捉えて適切な処理を実行し,再発防止のための対策を講じるため,顧客からの問合せに対して素早く正確に対処できるようになります。結果としてトラブルの件数が減っていくことが期待できます。

また,長期的な経営計画に基づいてマネジメントシステムを構築するため,常に改善していこうという姿勢が根付き,年数回の内部監査や外部による更新審査等により,継続的に改善を行う企業風土が醸成されるようになります。


以上のようなメリットがあります。


★ISOを認証取得すればすぐに効果が出る?

ISOを構築した最初の年は,システムを構築することで精一杯で,『効果』を実感できない企業も多いようです。

しかし,ISOに限らず,ISOシステムは『継続すること』で効果が出る仕組みになっています。


★認証取得はあくまでスタート。

取得後の『内部監査』や『レビュー』でISOをレベルアップさせていくことによって,効果が表れます。


ISO認証実績多数!

弊社はこれまで15年に渡り,のべ200社を超える企業をISO認証取得に導いてきた実績があります。

弊社に所属するISOコンサルタントは7名で,全員がISO9001とISO14001の主任審査員の資格を持っています。

安心で実績のある弊社に,ISO新規取得サポート および ISO維持コンサルタントをぜひお任せください!


お問合せ

087-832-4117
メールでのお問合わせ

アクセス案内

〒760-0008
香川県高松市中野町1-28

関連会社

高松相続遺言相談センター